足立区で外壁塗装なら株式会社 山下塗装 | 足立区、外壁塗装で防水対策も万全
対応エリア:23区

塗装と改修の違いとは?塗料の種類・費用の軽減に役立つ補助金について

外壁は建物の「顔」であり、劣化が進行してくると見た目だけでなく、機能性も低下して躯体にまで悪影響を与えるおそれがあります。建物の「顔」を長く美しく保つために、そして機能性を高めるために、定期的に外壁塗装・外壁改修工事を行いましょう。

ここでは、外壁塗装で用いられる塗料の種類や外壁塗装と外壁改修の違い、助成金・補助金の活用方法や給付金制度以外で費用を抑える方法をご紹介します。

外壁塗装で使われる塗料の種類

Types

外壁塗装の主な塗料は、以下の6種類です。

セラミック塗装

800℃以上の高温で焼成着色した無機質骨材が主成分の塗料です。色落ちが少ない点が特徴です。

無機塗装

無機物は、有機物と比較して紫外線による劣化が少なく、燃えにくいという特徴があります。

フッ素塗料よりも耐用年数が長く、近年人気のある塗料です。

フッ素塗装

耐用年数が長く光沢があり、また防汚性に優れているという特徴があります。塗り替えの頻度を減らしたい建物に最適な塗料です。

シリコン塗装

シリコン塗装もフッ素塗装と同様に、耐久性が高い点が特徴です。フッ素塗装よりも比較的価格が安いため、耐久性を高めたいけれど費用は抑えたいという方におすすめです。

アクリル塗装

塗料の中で最も低コストで、施工性にも優れています。手軽に塗り替えができることから、外壁塗装工事でよく採用される塗料です。ただし、耐久年数はそれほど長くありません。立て直しの予定がある、とりあえず色だけ変えたいというときに最適な塗料として人気があります。

ウレタン塗装

アクリル塗装と同様に低コストで施工性に優れている塗料で、アクリル塗装との違いは耐久性が高い点です。費用対効果が非常に高い塗料としてニーズがあります。

株式会社 山下塗装では、様々な塗料を取り扱っています。ご要望やご予算に合わせて、最適な施工プランをご提案いたします。外壁塗装をご検討の際は、ぜひ株式会社 山下塗装までご相談ください。

外壁塗装と外壁改修の違いとは?

外壁の塗り替え工事には、「外壁塗装」と「外壁改修」の2種類があります。

主な違いは、「どこまで手を加えるか」です。

外壁塗装は、純粋に外観を塗り替えてキレイにする工事です。

一方外壁改修は、建物の劣化状況に合わせて、その劣化した箇所の改善を行って機能回復を図ります。

実際行われている工事内容に違いはあるものの、外壁改修も最終的には塗装が行われるため、仕上がりの見た目はほぼ変わりません。

一般的には外壁改修のほうが大がかりな工事となることが多く、工事費用も高くなる傾向にあります。

助成金・補助金申請の基礎知識

Basic knowledge

外壁塗装や外壁改修をするにあたって、定められた条件に該当した場合、助成金・補助金が受け取れます。ただし、申請を行わないと受け取ることができません。

ここでは、助成金・補助金申請の流れを見ていきましょう。

1.申請書類を自治体に提出する

まずは申請書類を用意します。自治体ごとに必要書類が異なるため、抜け・漏れがないように準備しましょう。申請から交付決定までにかかる期間は、窓口で受領してもらってから1週間~4週間と幅があります。長期間かかる場合もあるので、早めに提出しておくと安心です。

2.工事の開始

工事の開始は、基本的に申請・交付通知が済んでからです。交付通知を受け取り、塗装業者と正式に契約を結んだあと、工事開始です。

3.報告書の提出

工事が完了したら、施工前・施工後の写真を添えた「工事完了報告書」を自治体に提出します。完工から1~2ヶ月以内を提出期限としている自治体が多いです。

4.助成金・補助金の受領

書類審査が通過すると、交付確定通知書が届きます。その後、補助金交付請求書を提出すると、最短2週間~平均1ヶ月で助成金・補助金が振り込まれることが多いです。

株式会社 山下塗装では、助成金・補助金の対象となる外壁塗装工事・外壁改修工事を請け負っています。自治体によって条件や受付期間などが異なりますので、まずはお気軽に株式会社 山下塗装までご相談ください。

助成金・補助金制度の活用以外に費用を抑える方法

助成金や補助金があると、塗装や改修の費用を安く抑えることができます。ただし、助成金や補助金が使えない場合もあるため、費用を抑えるコツとしてほかの方法も知っておきましょう。

火災保険や住宅総合保険の適用

落雷や風災などが保険対象となっている場合、自然災害による損害で外壁が劣化したと認められれば、火災保険を使って塗装・改修ができる可能性があります。

また、いたずらや不注意で破損した箇所の補修は、住宅総合保険で補えることも多いです。

複数の業者の見積もりを比較

同じ内容の工事であっても、業者によって費用が大きく変わるケースも少なくありません。複数の業者に見積もりを依頼し、比較してみましょう。

助成金・補助金に関するご相談も対応!外壁塗装工事・外壁改修工事の依頼は株式会社 山下塗装へ

外壁塗装工事や外壁改修工事には、ある程度のまとまった費用がかかります。そろそろ塗装や改修をしたいけれど費用が心配…という方は、一度助成金・補助金の制度をご確認ください。管轄の自治体において対象となる塗装や改修であれば助成金・補助金が適用され、工事費が軽減される場合があります。

株式会社 山下塗装では、助成金・補助金の対象となる塗装・改修工事を行っています。外壁塗装工事・外壁改修工事の依頼をお考えの際は、株式会社 山下塗装へぜひご相談ください。

コラム一覧

  1. 足立区で外壁塗装のメンテナンスはお任せ!自宅を長持ちさせるためには?費用の内訳・見積書の見方
  2. 足立区の塗装業者にお任せ!外壁塗装費用の計算方法・支払うタイミング
  3. 塗装と改修の違いとは?塗料の種類・費用の軽減に役立つ補助金について
  4. 屋根リフォームは足立区の業者にお任せ!屋根リフォームのメリット・デメリット・注意点について
  5. 外壁塗装が初めての方へ!業者の選び方・塗料の種類で比較した耐用年数と価格の違い
  6. 足立区の大規模修繕工事に役立つ助成金・業者選びのポイント
  7. 【足立区】雨漏りのチェック方法や修理費用・業者の選び方
  8. 【足立区】屋根塗装の相場に違いが出る理由や費用を抑える方法

足立区で塗装業者をお探しなら株式会社 山下塗装へ

会社名 株式会社 山下塗装
代表者名 山下善明
住所【本店】
  • 〒334-0056 埼玉県川口市峯329−4
電話番号【本店】
住所【東京支店】
  • 〒121-0813 東京都足立区竹の塚2丁目12−18 第2Fマンション101
電話番号【東京支店】
URL https://yamashitatoso.co.jp/
事業内容 塗装工事、防水工事、仮設足場工事、その他各種リフォーム、内装仕上げ、屋根葺き替え、タイル工事、外装工事
許認可 国土交通大臣 許可 (般-25)第25027号
所有資格
  • 一級塗装技能士(建築塗装) 4人
  • 一級塗装技能士(鋼橋塗装) 3人
  • 一級塗装技能士(木工塗装) 1人
  • 有機溶剤作業主任者 4人
  • 足場組立作業主任 2人
  • 住宅外壁診断士 1人
  • 職業訓練指導員 1人
  • インスペクター 2人※日本塗装工業会の検査員
  • 2級建築施工管理技士(仕上げ) 1人
  • 登録建設塗装基幹技能者 3人
加盟団体
  • 埼玉県塗装業協同組合
  • 埼玉県塗装技能士会
  • 日本塗装工業会
認定施工店
  • アドグリーンコート
  • アステックペイント
  • WBアート
お見積りはこちら