電話受付9:00~20:00 年中無休

TEL. 0120-168-296

足立区で外壁塗装なら株式会社 山下塗装 | 足立区、外壁塗装で防水対策も万全
対応エリア:23区

新着情報

屋根 コロニアル パミール ー 2021.01.27

先日、現場調査に行ってまいりました。 
屋根・外壁塗装のご依頼です。
屋根に上ってビックリです。
あの欠陥商品「ニチハのパミール」です。



ご覧の通り、屋根材はミルフィーユ状態になっています。雨が降るたびに屋根材に
雨水が吸い込まれてどんどん膨れ上がって、そして乾燥して剥がれ落ち
ご近所にまで飛散している状態です。本当にお気の毒です。
放っておけば、雨漏りの可能性も・・・。
建てた工務店やハウスメーカーに言っても保証対象外と言われてしまうそうです。

そんな困っているお客様を一人でも多く助けてあげることはできないか?
そこで、皆様がお家をご購入されたときに、ご加入された「火災保険」これが役に立ちます。
もちろん、直接屋根材の劣化は対象外ですよ!

しかし、こちらの屋根は15年間屋外の過酷な自然環境の中で戦ってまいりました。
雨の日も風の日もそして雪の日も、突然雹が降ったこともありました。
そんな過酷な状況で15年間いつも戦ってきた屋根はやはり、あちらこちらガタが来るものです。

特に棟板金は、一番風当たりが強い場所で屋根の一番大事な部分である
この棟板金こそが、いつも風や雨そして雪から家を守っているのです。
棟板金の内部には貫板が2本入っています。
その貫板に棟板金を釘で止めて作られています。

強い風が何年も何年も棟板金に打ち付け、板金を止めている釘が抜け始め
そのうち温暖化の影響で記録的な強風、台風が何度も日本列島を襲い

棟板金は飛んでしまい、近隣のお家や通行人などに被害をあてえてしまう可能性もございます。

この状況こそが「自然災害」風害にあたります。
保険申請内容は棟板金の交換修理ということになります。
屋根の上の工事になりますから、当然足場が必要になります。
ですので、足場組立費、棟板金交換費用を保険請求することができます。

この請求が成立しますと、足場代金と板金修理代が保険会社から支払われます。
プラス屋根のカバー工事料金だけで済むということになります。

足場が出来上がっていますので、外壁塗装をお考えの方は
一緒に、外壁塗装もされたほうが断然お得ということになりますよね!

こんな形では「欠陥商品パミール」に苦しんでいるお客様のお力添えをしております。
そしてお客様に喜んでいただいております。