箇所別施工例

  • 特徴
  • 塗装・技術へのこだわり
  • 実績紹介
  • お客様の声
  • 代表挨拶・スタッフ紹介
  • 会社概要

“あの部分”の塗装は大丈夫ですか?

外壁や屋根は特に日光や風雨にさらされてしまう箇所ですが、それ以外の箇所も実は同じように劣化しているのをご存じでしょうか。軒裏や雨どいなど目にはつきにくい箇所は、「気がついたときにはすでにボロボロになっていた」ということもよくあります。

こちらでは、足立区・荒川区・葛飾区を中心としたエリアで塗装サービスを行う株式会社 山下塗装が施工対応する「劣化に気づきにくい箇所」「放置しがちな箇所」のチェックポイントをご紹介します。

ベランダ

床部分にひびが入っている、塗膜が割れている、手すりの塗装がはげているなどの状態になっていたら補修のタイミング。放っておくと、破損や下の階への雨漏りにつながってしまいます。丁寧に下地調整をしたのち、塗装を行います。

ベランダ

窓・サッシ

サッシの明らかな色あせ・変色は交換のサインです。放置することで外壁にもクラック(ひび割れ)やチョーキング(塗膜が白い粉状になる現象)などの影響が出ることがあります。また、シーリング(窓や建材の継ぎ目に充填して機密性を高める素材)の劣化も雨漏りの原因になります。

窓・サッシ

軒裏天井・破風

通称「軒天」は湿気がたまりやすい箇所です。目につきづらいため、知らず知らずのうちに劣化してしまうので注意しましょう。塗装がはげている、クラックがあるなどの症状は要注意。破風は木がむき出しになっていることも多く、腐食が進行してしまっているケースもあります。張り替えや塗り替えなどの対処が必要です。

軒裏天井・破風

雨どい

雨どいは特別丈夫な建材でつくられているわけではないため、破損しやすい箇所と言えます。継ぎ目や金具が外れたり、変形したりしている場合は交換が必要です。また、ゴミや落ち葉などが堆積して詰まっている場合も補修または清掃しなければいけません。

雨どい

シャッター・雨戸

開け閉めの滑りが悪くなった、鍵がかかりづらくなったなどの場合は、長年の使用や日光・風にさらされたせいで建て付けが悪くなってしまった証拠です。いざというときに使用できないということがないよう、できるだけ早くご相談ください。シャッター・雨戸部分の交換はもちろん、レールの補修も行います。

シャッター・雨戸

金属屋根

屋根は劣化しやすい部分ですので、雨漏りなどの被害がでないように定期的な点検は欠かせません。変形、へこみ・浮き、さびが発生しているなどの状態は交換のサインとみていいでしょう

金属屋根

基礎

文字通り、建物の基礎なので非常に大切な箇所です。コンクリート部分のひび割れは危険なサインと考えましょう。たとえ小さなひびでも、そこから湿気や外気が入り、やがて柱や鉄筋の腐食を招いて建物全体の劣化を早めることにつながります。

当社では、フジワラ化学株式会社の「ニューアールダンテ」という塗料での塗装をお勧めしています。下地の凹凸を生かした施工が可能で、汚れがつきにくい滑らかな仕上がりが実現できます。

詳細はこちらのページにてご確認ください。

各種施工は株式会社 山下塗装におまかせ!

当社で上記の各種施工も承っています。外壁塗装・屋根塗装と一緒に補修したいというご要望がある場合はぜひ当社におまかせください。

Pick Up!【基礎修理も承ります!】

基礎部分の補修・修繕は高い技術を必要とするため、請け負っている塗装業者は少ないのが現状。株式会社 山下塗装には「一級建築技能士」の資格を持った職人がおりますので、基礎の補修・修繕の施工もばっちり。各種施工を一貫して対応できる当社なら外壁塗装と一緒に承ることもでき、手間いらずなうえに中間マージンを省けてお得に施工することができます!

ページ上部に戻る